今後の住宅建設はどう在るべきか
 
年金崩壊時代?少子高齢化ににより年金支給時期が高齢化になってきている現状

年金は将来的に崩壊の危機に有るのでないか?考える時期が到来?

2050年には日本の人口65才以上が40%台の時代が来るのでは?

その対策はどう在るべきか?
 
 
地震活動期に入った日本それに対する地盤調査の必要性・建物の強度を考える事が重要である。

必ず?来るであろう東南海地震。想定では東海地震1333ガル30年以内に起こる確率87%

想定・南海トラフ地震1500ガル〜2000ガル  東日本大震災が2933ガルであった。

地震に対応する家新々耐震住宅1500ガルに対応する建築に将来なる?

ちなみに現在は新耐震基準で400ガルに対応する基準で建築許可。
 異常気象の地球・・・。原因は・・・対策は。
 
 
 これからの不動産を考える


超大型台風の飛来増加。竜巻。雷。夏場の猛暑。集中豪雨。土石流こうした災害に強い住宅

1.活断層の調査=200mゾーンは地震に弱い
2.地盤調査=地耐力・地質・
3.道路の調査=水道管・下水道管・ガス管等地中に埋設される管の年数
4.電磁波
5.基礎の調査=アンカーボルトの本数。本体の変形

地質調査には液状化の起こりやすい土地かどうか(平野は比較的液状化に注意)
        造成地は切土か盛土か
擁壁の高さ(地震への脅威)
洪水対策=河川調査

 おまけ!

これからの住宅はランニングコストを考える

エコ住宅:4人家族の電力使用量5500カロリー

太陽光発電で3000カロリー・エネファームで2900カロリー発電(年間平均数)

エネゼロハウスの進め:構造体・高機能性・創エネルギー